株式会社レアジョブ


トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 中村 岳

我々は、グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」と、
サービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」の実現のためにビジネスを展開しております。
創業当初、2007年の英語教育市場では、「話す場」が圧倒的に不足していました。
「話す場」として一般的だった英会話スクールや留学などは費用が高価で、
学習を始めるまでのハードルが高いという課題がありました。

そのような課題を解決するために、インターネットを活用し、
安価で利便性の高い英会話サービスの提供を始めました。
そこから、オンラインで英会話を学ぶスタイルが世の中に広まってきたことで、
それまでのいわば「英語教育1.0」の課題は解決され、
「話す場」が多数存在する「英語教育2.0」を作り上げることが出来ました。

創業10周年を迎えた今、新たな課題を感じています。オンラインの学習ツールは利便性が高いものの、
「学習ツールの活用の仕方」や「モチベーション維持」については、使われる方に依存しています。
私たちのサービスミッションを達成するためには、英語学習の「成果」により踏み込み、
その課題を解決していく必要があります。
次の10年では、ご利用者が受動的か能動的かを問わず、個々人に最適化された学習方法を開発し、
新たな英語教育のトレンドを作っていかなければなりません。そんな未来を私たちは「英語教育3.0」と呼び、
「英語を話せるようになりたいと望む誰もが、英語を話せるようになる」世の中を目指しています。

現在、様々な業界や分野において、テクノロジーとの融合の必要性が叫ばれています。
我々は、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)が有機的に掛け合わされたEdTech業界が、
今後より発展していくと確信をしております。
英語教育に更なるイノベーションを起こし、英語を手段として活躍する人が増えることを通じて、
世の中へより多くのチャンスを生み出してまいります。