創業のきっかけ

いつか社会を変える新しいサービスを生み出したい」との夢がありました。大学院生の頃から、通信技術の発達によって、今以上に“個”の輝く時代が来るだろうと感じるようになったのです。新卒ではNTTドコモに入社し、次世代通信を研究。その後、中学高校の同級生で当時コンサルティングファームに勤めていた加藤と、お互い副業のようなかたちでまずはスタートしましたが、うまくいく兆しが見え始め、会社立ち上げを決意しました。

最初は中国語会話サービスを試すも、市場のニーズに合わせて英会話サービスへシフト。当時、英語学習といえばスクール形式でのグループレッスンが主流でした。もっと気軽に、たくさん英語を話せるサービスがほしい。そこで、フィリピン人の英語力とホスピタリティの高さに着目。フィリピン大学に貼った1枚のチラシから講師探しが始まり、レッスン供給体制を構築。オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」の提供が始まりました。

日本人は、英語を話せるようになる。
フィリピン人は、環境や事情に関わらず、英語力や指導力を活かした仕事に就ける。
双方にとってWinWinの事業を展開することで、誰でもどこにいてもチャンスをつかめる未来の創造を目指していきます。

沿革

2007年
  • 10月
    株式会社レアジョブ設立
    11月
    オンライン英会話事業「レアジョブ」を開始
2008年
  • 3月
    本社を東京都千代田区内神田に移転
    4月
    第三者割当増資により資本金を1,610万円に増資
    10月
    フィリピン共和国マニラに「RareJob Philippines, Inc.」を設立
2009年
  • 8月
    法人向けサービス提供開始
2010年
  • 3月
    本社を東京都渋谷区渋谷に移転
2012年
  • 1月
    本社を東京都渋谷区桜丘に移転
    累計の無料登録ユーザー数が10万人を突破
  • 10月
    早朝のレッスンを開講
  • 12月
    毎日早朝6時から深夜1時までレッスンを開講
2013年
  • 2月
    プライバシーマークを取得
    Japan Venture Awards2013 中小機構理事長賞 受賞
  • 6月
    第三者割当増資により資本金を1億8,160万円へ増資
  • 8月
    累計レッスン回数1,000万回達成
  • 10月
    企業およびサービスロゴを刷新
    サービス名を「レアジョブ英会話」へ変更
    累計の無料登録ユーザー数が20万人を突破
2014年
  • 6月
    株式会社リクルートライフスタイルと業務提携「レアジョブ英会話 リクルート校」開校
    東京証券取引所マザーズ上場
  • 7月
    スタンプ英会話アプリ「Chatty」を提供開始
  • 9月
    情報セキュリティの国際認証規格「ISO27001」を取得
2015年
  • 4月
    「ビジネス英会話コース」提供開始
    スクール向けサービス提供開始
  • 5月
    本社を渋谷区神宮前に移転
  • 6月
    佐賀県上峰町と業務委託契約を締結
    代表取締役会長に加藤智久、代表取締役社長に中村岳が就任 執行役員制度を導入
  • 7月
    三井物産株式会社と資本業務提携
  • 9月
    「中学・高校生コース」提供開始
  • 12月
    英語学習アプリ「瞬間シリーズ」提供開始
2016年
  • 1月
    「レアジョブ本気塾」提供開始
  • 2月
    株式会社増進会出版社と資本業務提携
  • 4月
    関西支社を設立
  • 8月
    「レアジョブ英会話 日常英会話コース」iOSアプリ提供開始
  • 9月
    フィリピン共和国カガヤン・デ・オロに「Envizion Philippines, Inc.」を設立
  • 12月
    子ども専門オンライン英会話「リップル・キッズパーク」をグループ化
2017年
  • 4月
    中部支社を設立
  • 6月
    法人向け「レアジョブ英会話留学」提供開始
2018年
  • 4月
    九州支社を設立
  • 6月
    フィリピン共和国マカティ市に「GOLA English Tutorial, Inc」設立
2019年
  • 1月
    レアジョブEdTech Labを発足
  • 2月
    株式会社エンビジョンを設立(株式会社増進会ホールディングスとの合弁契約締結)
  • 4月
    Geos Language Centre Pte Ltd.(シンガポールGEOS社)を完全子会社化
2020年